二日酔いを防いで、健康的なお酒の飲み方をするためには、乳製品をとって水分を補給するなどの方法が大切です。

メカニズムを知っておこう 二日酔いの健康的な対処法

TOPICS
メカニズムを知っておこう 二日酔いの健康的な対処法

二日酔いになりにくい健康的なお酒の飲み方

飲み過ぎないように努力していても、忘年会シーズンなどは、なかなかそうはいかないものです。どうしてもお酒の量が増えてしまう時期に、翌日の二日酔いを防ぐために対策をとっておいた方がいいと思います。よく言われることですが、お酒の前に牛乳やヨーグルトなどをとって胃に膜を張っておくと、アルコールの吸収がゆっくりになって体に負担がかかりにくくなります。その分、肝臓もゆっくりと分解作業ができるので、二日酔いの元になる毒素が発生しにくくなるのです。これは胃に膜を張ると同時に、空腹でお酒を飲むのを防ぐ働きもあります。すきっ腹にお酒をいきなり入れてしまっては、酔いが早くなって危険です。ですから、お酒の前には何か口にして、できればそれを乳製品にするようにして下さい。

そしてお酒を飲むときは、お水やお茶などを間に挟みながら飲むようにしましょう。胃の中でアルコールが薄まり、内臓に優しくなりますし、アルコールの摂りすぎも防止できます。それに自分も経験があるのですが、ちょっと飲むのを休んでいると「なぜ飲まない?」と強引にお酌する人がいることがあるので、それを防ぐためにもお酒と水を交互に飲んでいる方がいいと思います。あと、きちんと食べながら飲むということも重要です。枝豆や豆腐、チーズなどはアルコールの分解を促進するそうです。他にも大根はアミラーゼという物質を含み、二日酔いに効果があるそうです。これらの食物はたんぱく質やビタミンなども摂取できますし、健康にもいいです。ぜひお酒のお供にしてほしいと思います。